ポルトガルの首都リスボンにあるジェロニモス修道院とベレンの塔は1983年、2008年に世界遺産に登録されました。大航海時代の幕を開いたエンリケ航海王子とアフリカ南端の喜望峰を通るインド航路を発見したヴァスコダ・ガマの偉業をたたえて、エンリケの孫・マヌエル1世はジェロニモス修道院を建設するとともに、テージョ川の河口を守るためベレンの塔を建てます。ポルトガルが最も輝いた時代の足跡をたどります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック