フランスのベルサイユ宮殿は17世紀半ば、絶対王政の頂点にあったルイ14世によって建てられ、1979年と2007年に世界遺産に登録されました。左右対称の美しい構図を持つ庭園と権力を象徴した豪華な宮殿は17世紀後半に完成します。王は民衆にも公開するほど庭園を気に入り、「王の庭園鑑賞法」というガイドブックまで作りました。宮殿と共に噴水や迷路、百階段など、ルイ14世の自慢の庭園を紹介します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック