フランス・ロワール渓谷のシュリー・ロワールからシャロンヌまでの景観は、2000年に世界遺産に登録されました。渓谷に点在する城で最も大きいシャンボール城は、1515年に即位したフランソワ1世により築かれ、まるでロワール川流域の森に浮かぶ孤島のようです。城の中央には上がる人と下る人が出会わない二重のらせん階段があります。ミラノで出会ったレオナルド・ダ・ヴィンチの理想を実現させた王の建築芸術に触れます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック