インドのデリーにあるムガル帝国第2代皇帝フマユーンの霊廟は、1993年に世界遺産に登録されました。フマユーンは戦いに敗れて15年の流浪の末、帝国を再建しますが、半年後、階段で転落死します。悲しんだ王妃は、高さ38メートルの霊廟と川が流れる緑の庭園を作ります。インドの霊廟建築に大きな影響を与えたフマユーン廟を訪れます。この番組は著作権上の制約等から、一部放送とは異なる箇所があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック