オーストリアのウィーンは、ヨーロッパで権勢を振るったハプスブルク家が13世紀に定めた都です。ウィーンの歴史地区は、2001年に世界遺産に登録されました。19世紀末、旧市街を取り囲む「リングシュトラーセ」と呼ばれる環状道路が作られ、通り沿いには様式が異なる様々な歴史的建造物が建てられて、町の姿は大きく変わります。環状道路や歴史的建造物はなぜ作られたのか、ハプスブルク家とウィーンの歴史に迫ります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック