クロアチア南端のドゥブロブニク旧市街は、1979年と1994年に世界遺産に登録されました。ドゥブロブニクは、2キロメートル四方の小さな町です。紺碧(こんぺき)の海に映える赤い屋根と白い壁が続く美しい町並みは「アドリア海の真珠」と形容されます。天然の良港に恵まれ、古くから海洋貿易で繁栄しますが、何度も侵略の危機にさらされました。大国に挟まれながらも自治を貫いたドゥブロブニクの歴史をたどります。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック