ポーランドの首都ワルシャワの歴史地区は、1980年に世界遺産に登録されました。ワルシャワには中世から近代までの歴史的な建物が並びます。第2次大戦、ヒトラーは意図的にポーランドの首都を抹殺しようと破壊しますが、戦後、市民は古い記録や絵画を参考にして首都を復元します。ワルシャワの破壊はポーランド人の国民性の破壊を意味しました。ポーランド人のアイデンティティーの象徴となった町の復元の様子を伝えます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック