スペイン・バルセロナのサグラダ・ファミリアは、1984年と2005年に世界遺産に登録されました。1883年、建築家のアントニ・ガウディが設計・建築を始め、今もなお建設中です。聖堂は、木漏れ日が降り注ぐ森のイメージで、巨大なスケールと直線で幾何学的に作り出された複雑な構造を持ち、柱は樹木のように上に行くほど枝分かれしています。ガウディの遺志を引き継いだ、光に満ちた森のような聖堂を訪ねます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック