オーストリア・ザルツブルク歴史地区は、1996年に世界遺産に登録されました。「塩の城」を表すザルツブルクは大司教による宗教と政治の支配が8世紀から約千年続き、「白い黄金」と呼ばれた塩の取り引きで富と権力を蓄えます。18世紀半ば、この街で生まれたモーツァルトは13歳で大司教から宮廷楽団の楽長に任命され、次々と名曲を生み出してボーナスに塩を与えられます。塩に支えられ、音楽が開花した街を歩きます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック