ベルギーの建築家、ヴィクトール・オルタが設計した主な邸宅群は、2000年に世界遺産に登録されました。邸宅群には、1893年にオルタが世界で最初にアール・ヌーボー様式で設計したタッセル邸と自宅があります。重厚な石造りの家が主流だった時代に植物などをモチーフにした曲線とガラスや鉄などの当時の新素材を利用するアール・ヌーボー様式を取り入れて注目されました。オルタのアール・ヌーボー建築を堪能します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック