オランダ人建築家・リートフェルトが設計したシュローダー邸は、2000年に世界遺産に登録されました。リートフェルトは家具職人でしたが、画家のビエト・モンドリアンが提案する、直線と3原色を使った単純な構図が特徴の新造形主義に触発されて、「レッド・ブルーチェア」という椅子を作り注目されます。さらに、活動の場を建築にも広げ、シュローダー邸を設計します。新造形主義の理念に基づいて設計した邸宅を訪ねます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック