古都京都の文化財は、1994年に世界遺産に登録されました。文化財の1つ、石庭で世界的に知られる龍安寺は室町幕府の管領(かんれい)、細川勝元が創建した禅寺です。幅25メートル、奥行き10メートルの約75坪の庭に白砂を敷き詰め、15個の石を東から5・2・3・2・3と配置した代表的な枯れ山水の庭園です。しかし、誰が、いつ、何のために造ったのかは不明です。禅の美を極めた空間に思いをはせます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック