岐阜県の白川郷と富山県の五箇山(ごかやま)の合掌造り集落は、1995年に世界遺産に登録されました。このあたりに残る合掌造りの家の多くは、江戸末期から明治にかけて建てられました。茅(かや)で葺(ふ)いた屋根は急勾配で、くぎを使わず木と縄だけで三角形を基本に組まれて、激しい雨や雪の重みにも耐える柔軟でしなやかな構造になっています。厳しい自然に耐え、寄り添うように暮らしてきた合掌造り集落を訪ねます。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック