徳川家康(津川雅彦)は大御所として駿府より権勢をふるい、朝廷への朝鮮の使者を江戸の秀忠(西田敏行)のもとに行かせ、将軍を日本国王殿下と認めさせた。年の暮れ、駿府城の新築の本丸御殿が焼失。家康は近畿の諸大名に修築の布令を再び発した。大名の力をそごうとする策略と、淀(小川真由美)は警戒する。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック