慶長19年(1614)秋、大坂城には関ヶ原に敗北した旧大名、浪人となった旧家臣が続々と乗り込んでいた。11月11日、徳川秀忠(西田敏行)が10万の軍勢を率いて到着する。26日ついに今福で開戦の火蓋が切られた。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック