知床の冷たい海を巨体で生き抜く世界最大のタコ、ミズダコに密着。広げると4mにもなる腕でズワイガニを丸ごと包み込む豪快な狩り。しかし、子どもの成長には4年近くもかかり、その間トドなどの敵から逃れ続けなければならない。繁殖期になると大人のオスたちは体の大きさを競い合い、メスは体の栄養だけを頼りに、10か月間も巣穴で卵を守り続ける。卵を狙う魚や若いタコとの攻防を繰り返す母親。壮絶な生きざまを追う。