北米南東部の水辺に潜む巨大魚ガー。恐竜時代から1億年もの間まるでワニのような姿のまま命をつないできた古代魚だ。7種類が知られるが中には全長3mになるものも。どのようにして生き延びてきたのか。鋭い歯を生かした効率的な狩り。細長い体をまっすぐに保って泳ぎ枝のようになる擬態。さらに空気呼吸で酸素を補い、どんな水辺でも生きようとする適応力。命あふれる北米各地の泉や川を巡り、古代魚ガー生き残りの謎に迫る。