タンザニアの世界遺産ンゴロンゴロ。直径20kmの巨大なカルデラだ。その底に広がるサバンナでは、ヌーやスイギュウが群れをなし、ゾウやカバ、サイなどの姿も見える。まさに野生動物の楽園だ。ここで一番繁栄している肉食動物がブチハイエナ。集団で狩りをし大型動物も果敢にしとめる。それを率いるのは1頭のメス。群れは、血統により生まれた時から厳しく格付けされ見事な秩序が保たれている。ハイエナの知られざる姿に迫る。