狂言師の野村萬斎とメディアアーティストの落合陽一が1964年の東京オリンピックを大胆に読み解く。手がかりになるのは巨匠・市川崑監督の残した公式記録映画。日本と日本人はあの時を境に、何を得て何を失ったのだろうか。アベベや円谷が激走したマラソンやブルーインパルスが空に五輪を描いた開会式の熱狂を改めて見つめ直すとき、2020年を目前にひかえた私たちに時を超えたメッセージが浮かび上がる。(前編)