終戦後、進駐軍兵士と結婚しアメリカに渡った「戦争花嫁」。その数は4万人を超える。今、その娘たちの間で、埋もれた戦争花嫁の歴史を発掘し記録しようという動きが広がっている。浮かび上がってきたのは、古い日本社会に反発し、強い意志で海を渡った女性の姿。起業しアメリカンドリームを追った女性や、黒人の夫とともに人種差別と闘った女性も。激動するアメリカ社会に根を張り生き抜いた、知られざる戦争花嫁の物語。(後編)