コンビニや外食の分野で食品を提供してきた「黒子」のような存在だった地方の食品メーカー。彼らが力を合わせ、経済成長著しいマレーシアで現地企業と合弁事業を立ち上げ「日本式コンビニ」を広げようと挑戦している。しかし、ライバルのコンビニチェーンや地元の「屋台文化」、さらには多国籍チームゆえの意思疎通の問題などさまざまな壁に直面する。日本の食のプロフェッショナルたちは、この難題をどう切り抜けようとするのか?