2020年、熊本県に深刻な被害をもたらした「令和2年7月豪雨」。これまでとは破壊力もメカニズムも異なる、別次元の水害だったことが明らかになってきた。堤防を大きく越える濁流が、周囲の低地と一体化。ふだんの川の流速をはるかに超えるスピードで流れ下り、多くの家屋に壊滅的な被害を与えた。その脅威を検証しつつ、堤防やダムだけに頼らず、流域全体でリスクを分散する新たな対策『流域治水』についても考えていく。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック