太平洋戦争80年、真珠湾攻撃を立案した軍人・山本五十六をめぐる新資料が次々明らかに。初公開の機密文書、遺族の元に眠る直筆メモ、そして秘蔵映像…。見えてきたのは、山本が軍縮、三国同盟、開戦と何度も歴史の分岐点に立ち、戦争回避をめざしながらも上層部の思惑や熱狂する世論に阻まれ挫折していた姿。香取慎吾さん主演のドラマ「倫敦ノ山本五十六」が描いた新事実のさらなる深層…。日本はなぜ戦争へ突き進んだのか。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック