ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。

目撃!にっぽん

日本全国、さまざまな現場で起きている出来事や、そこで生きる人たちに迫る番組。ヒューマン・ドキュメンタリーから社会派ドキュメントまで…社会の断面を鋭く切り取る。

最新の番組が全て見放題

過去の名作が全て見放題

2013年02月17日 配信開始

各話一覧

並び順

「おせっかい不動産」

216ポイント レンタルする

「おせっかい不動産」

216ポイント 3日間 33:59

横浜にちょっと変わった不動産屋がある。客のほとんどは生活保護受給者やDV被害者など事情を抱えた人たち。家賃滞納などのリスクから、他の不動産屋では部屋を紹介してもらえず駆け込んできた。代表の齋藤瞳さんはそうした人たちのために、大家に手紙を書いたり直接訪問して契約にこぎつける。そして、入居後も見回りや交流会をして、孤独を抱える人たちを支えようとしている。齋藤さんの仕事に密着した。

詳細

「思い出料理人 よみがえるあの日」

216ポイント レンタルする

「思い出料理人 よみがえるあの日」

216ポイント 3日間 33:59

実家の母が毎年作ってくれたお雑煮、おばあちゃんの愛情たっぷりの肉じゃが…忘れられない思い出の味を精緻に再現してくれる料理人が大阪にいる―宗河美幸さん、人呼んで“思い出料理人”。その味は、当時の風景や作ってくれた人の面影までよみがえると評判を呼び、今では全国から依頼が相次ぐようになった。写真さえ残っていない困難な郷土料理の再現に挑んだ宗河さん、果たして依頼者の思い出の味はよみがえるのか?

詳細

「この命とともに~ひかるちゃんと家族の日々~」

216ポイント レンタルする

「この命とともに~ひかるちゃんと家族の日々~」

216ポイント 3日間 33:59

いま医療の進歩で人工呼吸器やたん吸引などが欠かせない「医療的ケア児」が増えている。その数は全国で1万8千人余り。10年前のおよそ2倍だ。24時間終わることのないケアに追い詰められる家族。思い描いていた生活ができず戸惑う母親。そんな家族を支えているのが我が子の成長。コミュニケーションをとろうとしなかった娘が手話ができるように…。決して平たんではない日々。それでも前へ進もうとする家族の日々を見つめる。

詳細

「じじいたちの“遺言”~住民帰還を目指した6年の苦闘~」

216ポイント レンタルする

「じじいたちの“遺言”~住民帰還を目指した6年の苦闘~」

216ポイント 3日間 33:59

この春、住民の帰還が始まる福島県大熊町。その立て役者になったのが元・町役場の職員たち、通称“じじい部隊”だ。メンバーは6人。平均年齢66歳のじじい部隊は、住民が戻る日のために6年間、町の手入れを行ってきた。線量の高いエリアにも分け入り、ダムや水路の手入れをしてきた。この春、避難指示が一部解除され、じじい部隊は解散を決めた。解散を引き換えに残そうとしたものとは何か? 解散までの日々を追った。

詳細

「僕が舞う理由~被災地の子ども神楽団~」

216ポイント レンタルする

「僕が舞う理由~被災地の子ども神楽団~」

216ポイント 3日間 33:59

西日本豪雨で被害にあった広島県三原市の子ども神楽団。存続が危ぶまれるなか、地元の人たちからの寄付で活動を再開。恩返しの公演に向けて、稽古に励む姿を追う。 2019年3月に放送した番組のアンコール。

詳細

「風に舞う花びらのように~奈良 命の映像詩~」

216ポイント レンタルする

「風に舞う花びらのように~奈良 命の映像詩~」

216ポイント 3日間 33:59

風に舞う桜の花びら、ハスにのったカエル…。奈良を舞台に、小さな命の営みを見つめた映像詩が多くの人の心を揺さぶっている。撮影したのは、映像作家の保山耕一さん、55歳。テレビカメラマンとしてさまざまな番組の制作に携わっていたが、がんを患ったのをきっかけに仕事を失った。絶望の中で見えてきたのは、日常の風景に宿る美しさだった。「こんな自分だからこそ見えるもんがある」。命と向き合い、カメラを回す日々を追う。

詳細

「心を変える 魔法のメーク」

216ポイント レンタルする

「心を変える 魔法のメーク」

216ポイント 3日間 33:59

2019年春、東京で開かれたアメリカで大人気のメークアップアーティスト西村宏堂(にしむら・こうどう)さんによるメークレッスン。生徒は女性としての自分に迷うトランスジェンダー、加齢と病気でメークをする喜びを失った50代女性といった、自分に自信を持てない人たち。自身もLGBTでつらい経験をした西村さんが、外見だけでなく心から変わりたいと願う生徒とレッスンで向き合う15日間の記録。

詳細

「それでも、生きていく~見過ごされてきた 山あいの水俣病~」

216ポイント レンタルする

「それでも、生きていく~見過ごされてきた 山あいの水俣病~」

216ポイント 3日間 33:59

水俣病公式確認から半世紀以上が過ぎた2012年、新たに「患者」が見つかった。水俣の海から離れた山間の鹿児島県伊佐市で検診により15名に水俣病特有の症状が見られることが判明したのだ。病名や原因が分からず40年以上しびれや痛み、周囲の冷たい目や偏見にさらされてきた村上文枝さん(89)は、ようやく自らが水俣病と知ったのもつかの間、新たな苦しみを背負うことに。一人病と格闘を続けてきた女性の人生を見つめる。

詳細

「猫島ワールド」

216ポイント レンタルする

「猫島ワールド」

216ポイント 3日間 33:59

九州・島原湾に浮かぶ湯島は、300人の住民と200匹の猫が暮らし、「猫島」と呼ばれている。島の猫のほとんどは“半野良・半飼い”。猫は自由に人の家に出入りし、島民が誰とはなしに世話をする、独特の関係を築いてきた。漁に出るとき、いつも猫を連れて行く男性。夫を亡くし、猫に囲まれて過ごす1人暮らしの女性…。人と猫の間に“壁”がない「猫島ワールド」。その日々をノーナレーションでつづった。

詳細

「議会存続に揺れた村~高知・大川村 住民たちの2年間~」

216ポイント レンタルする

「議会存続に揺れた村~高知・大川村 住民たちの2年間~」

216ポイント 3日間 33:59

人口およそ400、離島を除いて全国で最も人口の少ない高知県大川村。人口減少と高齢化で議員のなり手が不足し、村議会の存続が危ぶまれることが、2年前、明らかになった。そして迎えたこの春の村議選。新たな候補者が現れないと、議会が成立せず、予算や条例案の審議がストップし、さまざまな行政サービスが滞ってしまう事態に。この危機を前に、住民は何を問われ、どんな答えを出していったのか。小さな村の2年間を見つめた。

詳細

「ざざむし~信州・伊那谷に生きる~」

216ポイント レンタルする

「ざざむし~信州・伊那谷に生きる~」

216ポイント 3日間 33:59

信州・伊那谷。川底にすむ虫―「ざざむし」を食べる文化が守られてきた。「ひと冬で車が買える」と言われるほど盛んだった漁。しかし近年は、後継者不足に直面している。そんな中出会った、川を知り尽くした最高齢の川漁師。ざざむしを追う日々には、天竜川の恵みに生かされてきた伊那谷の人々の思いが息づいていた。ドローンや水中カメラなどの映像技術を駆使し、世界でも類を見ない文化を守り続けてきた人々の暮らしを見つめる。

詳細

「“ポンコツになつた母だけど”~タクシードライバー歌人の日々~」

216ポイント レンタルする

「“ポンコツになつた母だけど”~タクシードライバー歌人の日々~」

216ポイント 3日間 33:59

運転席から見た、深夜の東京の情景を短歌でうたうタクシードライバー高山邦男さん。人々の営みに思いをはせ、紡ぎ出される歌には人々の弱さに寄り添う優しさにあふれている。その短歌に、少し変化が起きている。28年ぶりに始めた認知症の母親との同居。自分の顔を思い出せない母親との日々を、短歌にしてとどめている。つらい気持ちが募りながらも、一緒に過ごす中で、母親の笑顔は変わっていないことに気づかされていく。

詳細

「ニッポンで生きていく~東京・八王子 夜間学級の若者たち~」

216ポイント レンタルする

「ニッポンで生きていく~東京・八王子 夜間学級の若者たち~」

216ポイント 3日間 33:59

子どもたちが下校したあと、夜の教室で開かれる夜間中学。いま、そこに通う人の7割は外国籍の人だ。どんな人が、どんな思いを抱いて学んでいるのか…。私たちは、東京・八王子の夜間学級に密着した。突然、親に呼び寄せられ、異国の地で暮らす孤独。故郷への仕送りも行い、クタクタになりながら働く日々。幼いころから離ればなれだった親との葛藤…。日本で生きていこうと、さまざまな事情を抱えながら、夢に向かう姿を見つめた。

詳細

「荒海にかけた青春~外国人技能実習生の日々~」

216ポイント レンタルする

「荒海にかけた青春~外国人技能実習生の日々~」

216ポイント 3日間 33:59

松葉ガニやカレイなどを狙う沖合底引き網漁。鳥取県の主要産業だが、不眠不休の過酷な労働のため担い手不足が進んでいる。いまその現場を支えているのは、インドネシア人技能実習生たちだ。6月、実習期間を終え、帰国することになった若者たち。しかし、ある若者は仕事中の事故で指を失い、船長になる夢を断念。またある若者は転覆事故で命を失った…。彼らが夢みた日本の現実とは? 技能実習に青春をささげた若者たちの記録。

詳細

「“あの日”母はなぜ亡くなったのか~住民とダムの豪雨1年~」

216ポイント レンタルする

「“あの日”母はなぜ亡くなったのか~住民とダムの豪雨1年~」

216ポイント 3日間 33:59

2018年7月の西日本豪雨、愛媛県西予市野村町では川の氾濫で5人が犠牲になった。急激な増水をまねいたとされるのは、上流にある野村ダムからの緊急放流だ。放流は適切だったのか、被害の拡大を防ぐことはできなかったのか。みずからの手で検証しようと遺族や住民たちが立ち上がった。迷い、傷つき、そして時には涙を流しながら、“あの日”と向き合い続けた住民とダムの1年の記録。

詳細

「“遠すぎる”郷土~北方領土 元島民の歳月~」

216ポイント レンタルする

「“遠すぎる”郷土~北方領土 元島民の歳月~」

216ポイント 1日間 33:59

北海道根室市で暮らす80歳の古林貞夫さんは、北方領土の島の1つ、国後島の出身。故郷に帰る見通しが立たずに、間もなく戦後74年を迎えようとしている。貞夫さんは今、これまであまり島の話をしてこなかった息子や、地元・根室の若い世代に、自分の思いを懸命に伝えようとしている。背景に何があるのか。そして若い世代は、貞夫さんの思いをどう受け止めていくのか。歳月の重みにあらがう元島民とその家族の記録。

詳細

「せかいに1つだけの石けん」

216ポイント レンタルする

「せかいに1つだけの石けん」

216ポイント 1日間 33:59

人気の果物を模した色鮮やかなせっけん。小田原市の工場でせっけんを作るのは、全員が障害のある人たちだ。障害や個性も異なれば仕事の理解度も人それぞれ。しかし得意なことを生かし新たな仕事に次々と挑戦。個々が成長するとともに、ビジネスとしても成功している。従業員と真剣に向き合う神原会長、「彼らは生きることに真剣で、働くことに貪欲でひたむき」と語る。せっけん作りが教えてくれることとは…。その日々を見つめる。

詳細

キャスト

これもチェック

 目撃!にっぽんを見た人は、こんな作品も見てます!