岩合光昭さんが動物写真家ならではの目線で、チェコ・ボヘミア地方のネコを撮影。世界遺産に登録されたクトナーホラ、ホラショヴィツェ、チェスキー・クルムロフを訪ねる。中世に建てられた荘厳なお城に暮らすネコ、バロック様式の家々が並ぶのどかな村で魚とりを楽しむネコなど、ボヘミア独特の美しい風景の中で、ネコたちの愛らしい姿を撮影。岩合さんいわく「チェコのネコの顔はカワイイ」。愛らしいネコたちに癒やされます!