ワイン好きの動物写真家岩合光昭さん、ブドウ畑とネコを見たいとフランス・ブルゴーニュに行った。まず美しく小さな村の古いお城でネコに出会う。村の風景とネコ、どこで撮っても絵になると大喜び。そして愛好家があこがれるワインを生みだすブドウ畑へ。ここでネコはパトロールしたり、木の支柱で爪とぎも。そして、ネコはワインの貯蔵庫へ、出荷を待つ3万本のボトルを背にポーズをとった。更に街角で、田園で、ネコを撮影した。