第26回 両雄対決

※お試し視聴(無料)アリ
 
天正11年(1583)6月、秀吉は天下を治めるため大坂城に入ると、浜松城の徳川家康は信長の次男・信雄と手を組んで兵を挙げます。戦国の両雄が初めて対決する小牧長久手の合戦です。しかし、家康も秀吉も共に、できるだけ直接的な戦闘を避けて、戦略的な戦いとなり、両軍のにらみ合いが続きます。秀吉の甥(おい)・秀次が総大将として出陣しますが、家康がいない三河を攻める途中、家康に背後を突かれて敗走します。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック