第27回 東西和睦

※お試し視聴(無料)アリ
 
天正12年(1584)冬、信長の次男・信雄は秀吉と和睦したため、家康は大義名分を失い、次男・於義伊(おぎい)を人質に差し出すことで和議が成立し、半年に及ぶ戦いはようやく終ります。ねねは、さらに人質を預かることになります。秀吉はねねをねぎらい、温泉に誘って心から礼を言いますが、また新たな野心も芽生えていました。一方、秀吉の嫡男・秀勝とお市の娘・茶々はいとこ同士ですが、お互いに引かれ合っていました。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック