21回 敗戦の責任

※お試し視聴(無料)アリ
 
鳥羽伏見の戦いで会津藩は苦戦を強いられる。会津では八重(綾瀬はるか)が、神保修理(斎藤工)の無事を祈る妻・雪(芦名星)を励ましていた。戦況は好転せず、初陣を果たしたばかりの八重の弟・三郎(工藤阿須加)は敵弾に倒れてしまう。敗北を察した慶喜(小泉孝太郎)は、夜陰に乗じて容保(綾野剛)を供にひそかに大坂から出帆、藩士たちも納得できないまま江戸へ退散。しかし、会津には徳川とともに朝敵の裁定が下される。