昭和22年(1947)5月24日、片山哲を首班とする、憲政史上初の革新内閣が誕生します。しかし、日本国民やマッカーサーの期待が高まる中、わずか9か月で総辞職を表明し、その後の日本は長期保守政権の道を歩みます。片山内閣はなぜ短命に終わったのでしょうか。脚本・柳田邦男、出演・千秋実、松村達雄、神田隆ほか。現存する番組テープの状態により、一部お見苦しい部分、お聞き苦しい部分があります。ご了承ください。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック