岡場所で行き倒れが出たと聞いて伝七(中村梅雀)たちが駆けつける。遺体の手には煎餅の袋があり、腹には殴られた跡がある。しかし同心・秋月(川野太郎)は行き倒れと決めつけ処理する。不審に思った伝七は岡場所で聞き込みを始める。死んだ男は「お夕」という女を捜していたという。翌日、伝七は行き倒れの現場にたたずむ女(田中美里)を見かける。女はお勝と名のり「奉行所の役人や岡っ引きは、信用できない」とたんかを切る。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック