伝七(中村梅雀)は米屋のおかみ・お梅(藤原紀香)が、同業者の嫌がらせを見事に退けるのを見かけた。数日後、吉原の文使いが殺されて文が奪われる事件が起こり、文使いは殺される前、お梅の店に立ち寄っていたとわかる。伝七は吉原に潜入するが怪しまれ、危ないところを幇間<ほうかん>・正助(風見しんご)に救われた。正助の助けで聞き込みをした伝七は、事件に花魁<おいらん>の清花(中島亜梨沙)が関わっているとにらむ。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック