白昼、姉弟が父のあだ討ちを遂げる事件が起き、江戸中の話題となる。ところが話を瓦版に書いた朝吉(中村靖日)が、人心を惑わせた罪で手鎖の刑に処せられた。伝七(中村梅雀)は、朝吉の相棒で絵の達者な質屋の跡取り息子・直太郎(渡辺大)と幇間<ほうかん>・正助(風見しんご)の情報から、瓦版に“不都合な真実”が書かれていたために捕えられたのだと気付き、犯人をおびき出す作戦に出る。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック