柚月(工藤夕貴)は白馬大池から白馬岳を目指すツアーをガイドする。ツアー客の美幸(井上晴美)は「雨女」と呼ばれコンプレックスを抱える妹の希美(佐藤めぐみ)を気にする。山を一緒に登るうち、ガイド志望の牧野(片岡礼子)や昔の登山スタイルにこだわる本郷(蛍雪次朗)たちの悩みも判明する。木嶋(黄川田将也)は健脚の女性・木村(丘みつ子)に四苦八苦する。柚月と木嶋のツアーが偶然出会いツアーは意外な方向に転がる。