文久三年京都。町人をおどす不逞(ふてい)浪士の前に女剣士・中澤琴(黒木メイサ)が立ちはだかる。父・孫右衛門(西村雅彦)直伝の法神流の名手・琴は強くなりたい一心で故郷を出奔し清河八郎(池内万作)率いる浪士組に兄・貞祗(筒井道隆)と加わった。琴が抜刀しようとしたやさき、腕前を見抜いた坂本龍馬(加藤雅也)が止める。浪士組は「新徴組」となり役人の警護に当たるが内紛が勃発。故郷から源五郎(吉沢悠)が現れる。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック