ダリア精機を存続させるために起死回生の策をとった光(内山理名)。しかし、会社倒産の危機は刻々と迫っていた。望みを捨てず、奇跡を信じて行動するしかない状況の中、いよいよ最終的な決断を下す時がやってくる。果たして、光と仲間たちの運命は? 亡くなる直前の父・泰造(舘ひろし)に約束した会社を続けるという光の決意は守られるのか?