太古の火山活動の珍しい痕跡が見られる静岡県の伊豆半島。その南には黒潮が流れ、コバルトブルーの海が広がっている。半島の沿岸には夏、南からやってきた青や黄色の色鮮やかな魚たちが群れ泳ぎ、沖合10kmに浮かぶ無人島・神子元島(みこもとじま)では、絶滅危惧種のアカシュモクザメ(通称ハンマーヘッドシャーク)が大集結する。運がよければ100匹以上が川のように群れ泳ぐ「ハンマーリバー」の神秘的な光景に出会える。