見渡すかぎりの湿地が広がる寒村の江戸を、日本一の大都市にするという、途方もない夢を抱いた徳川家康と、その夢に人生を懸けた名もない男たちの「江戸作り」の物語。大久保藤五郎(佐々木蔵之介)は、徳川家康(市村正親)のために長年、菓子を作る男。ある日、藤五郎は家康に、江戸の民のために市中までの上水工事を命じられる。名主・六次郎(生瀬勝久)や技術者・清兵衛(千葉雄大)も加わり、壮大なプロジェクトが始まる。