高座に上がった志ん生(ビートたけし)は、突然オリンピックの噺(はなし)を始める。時は明治44年、オリンピック参加選手を決める羽田の予選会。全国から来た健脚の学生たちに刺激を受け、審査員だった三島弥彦(生田斗真)は急きょ短距離走に参戦。一方、金栗四三(中村勘九郎)は、およそ40kmを走るマラソンに初めて挑む。ライバルたちとの激しいデッドヒート。憧れの嘉納治五郎(役所広司)の待つゴールを目指す!

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック