予選会での四三(中村勘九郎)と弥彦(生田斗真)の快走に喜ぶ治五郎(役所広司)だったがオリンピックへの派遣費用がばく大で頭を抱える。さらに四三は負ければ腹切りかと恐縮し、弥彦は進路を考えたいと出場を断る。そんな二人に治五郎は「黎(れい)明の鐘」になれと熱弁。その頃、若き日の志ん生である孝蔵(森山未來)も師匠・橘家円喬(松尾スズキ)に落語は足で覚えるものだと教わり、日本橋界隈(わい)をひた走る。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック