戦争でベルリンオリンピックの開催中止が決定し、四三(中村勘九郎)は激しく落ち込む。熊本からやって来た妻・スヤ(綾瀬はるか)が四三の無念を受け止める。夫婦として共に痛みを分かち合い、スヤの愛を力に四三は再び走りだす。四三の再起に刺激を受けた治五郎(役所広司)は明治神宮にスタジアムを作る目標を立てる。四三と治五郎は東海道五十三次を全国の健脚たちと走るレースを思いつく。これが「駅伝」誕生の瞬間だった。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック