1932年、田畑(阿部サダヲ)念願のロス五輪が開幕。アナウンサーの河西(トータス松本)はレースの実況中継に気合いが入るが、大会運営側の妨害にあう。田畑たちは実況中継の代わりにレースのもようを伝える奥の手を考える。治五郎(役所広司)はIOC総会で五輪招致の立候補を表明する。しかし9か国がエントリー済みという絶望的な状況。東京への招致に、ムッソリーニとヒトラーという二人の独裁者の思惑が影響することに。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック