1959年。東京オリンピックの招致活動は大詰めを迎えていた。田畑(阿部サダヲ)は、東京都庁にNHK解説委員の平沢和重(星野源)を招き、来るIOC総会での最終スピーチを引き受けるよう頼みこむ。断る平沢に対し田畑は、敗戦以来、悲願の招致のために全力を尽くしてきた自分の「オリンピック噺(ばなし)」を語って聞かせる。それは、戦後の食糧不足の中、浜松で天才・古橋廣之進(北島康介)を見出すところから始まる―。

月額990円(税込)でお得に見るなら

まるごと見放題パック