ポイントで購入
通常版
  • 所有:0ポイント
  • 不足:0ポイント
ポイント不足
作品購入のためにポイントを追加してください
ポイント追加はプレミアムコースまたは
プレミアム&見放題コースのみご利用いただけます

お知らせ
プレミアム&見放題コースにご加入頂いていますので
スマートフォンで無料で視聴頂けます。

我が家のヒミツ

「我が家の問題」に続く第2弾。“4人の妻”を各話の主人公とする1話完結のオムニバス・シリーズ。今回、妻たちを“ひとり4役”で演じるのは連ドラ初主演の“佐藤仁美”さん。

過去の名作が全て見放題

2019年02月18日 配信開始

各話一覧

並び順

(1)「IDはサニーデイ」

216ポイント レンタルする

(1)「IDはサニーデイ」

216ポイント 3日間 48:59

主婦の山本紀子(佐藤仁美)は、使わなくなったピクニックテーブルを処分するのに、妹からネットオークションを勧められて売りに出してみる。買い手が現れるごとに値段がつり上がっていくのが、まるで自分に買い手がついたようなうれしさとなり、紀子は他にもオークションに出せるものがないか家じゅうを探し回る。一方、夫の清志(田中直樹)は、ネットにはまる妻は不倫に走りやすいという話を同僚から聞き、妻を疑い始める。

詳細 お試し無料 ▶

(2)「夫のカーテン屋」

216ポイント レンタルする

(2)「夫のカーテン屋」

216ポイント 3日間 48:59

そこそこのイラストレーター大山春代(佐藤仁美)は、夫の栄一(八嶋智人)が会社を辞めてカーテン屋を始めると言いだしたことに怒る。というのも、結婚してから栄一はすでに7回転職していて、一時は借金を抱えたこともあるからだ。しかし、妻の反対などおかまいなく、どんどんカーテン屋の準備を進めていく栄一にハラハラする春代。そんな折、春代にトップ・イラストレーターへの登竜門といわれるチャンスが訪れるが…。

詳細 お試し無料 ▶

(3)「妊婦と隣人」

216ポイント レンタルする

(3)「妊婦と隣人」

216ポイント 3日間 48:59

妊婦の松坂葉子(佐藤仁美)は、隣に引っ越してきた夫婦らしき隣人があいさつに来ず、生活感がほとんどないことから怪しい犯罪者ではないかと疑い始める。そんな葉子を夫の英輔(永井大)は妄想だと否定するが、葉子の疑念は収まるどころか、ますますエスカレートして二人の間には深い溝ができてしまう。英輔は世界スポーツサミットのスタッフとして準備に忙しく、同僚の宮本(矢柴俊博)は、英輔にあるアドバイスをするが…。

詳細 お試し無料 ▶

(4)「小説家の妻 前編」

216ポイント レンタルする

(4)「小説家の妻 前編」

216ポイント 3日間 49:00

大塚里美(佐藤仁美)は、ファミレスの深夜バイトで家計を助けるけなげな妻。ところがある日、小説家である夫の康夫(岸谷五朗)が直川賞を受賞。里美の生活は一変する。憧れの犬を飼い、近所に住むセレブの佐野夫婦に影響を受け、ロハスの生活を志すようになる。一方の康夫は佐野夫婦がうさん臭く見え、自分の小説のネタにしたいと思い始めるが、この先も顔を合わせることを考え、書こうか書くまいか葛藤。ついに原稿に書くが…。

詳細 お試し無料 ▶

(5)「小説家の妻 後編」(最終回)

216ポイント レンタルする

(5)「小説家の妻 後編」(最終回)

216ポイント 3日間 48:59

高齢者への朗読ボランティアになった大塚里美(佐藤仁美)は、もっと高齢者が住みやすい町にしたいと思い、市議会議員に立候補すると言いだす。それを聞いた夫の康夫(岸谷五朗)は、大変だからやめた方がいいと最初は反対するが、折しも出版社の編集者から落ちぶれ作家としての待遇を受けたことで一転して立候補に賛成する。しかし、元来社交的とはいいがたい里美。選挙は参謀(国生さゆり)からのプレッシャーの中、大苦戦する。

詳細

キャスト

これもチェック

 我が家のヒミツを見た人は、こんな作品も見てます!