カメラを止めるな

プレゼントキャンペーン中!

初月¥0でお試し

お申込月内に退会いただくと料金は発生いたしません。
詳細はこちら


  • PRESENT

    上田慎一郎監督 直筆サイン入り
    パンフレットを2名様にプレゼント!

    応募方法
    ログイン後、応募ボタンより下記内容をご記載の上、ご応募ください。
    ■お名前
    ■ご住所

    応募締切
    2019/1/11 23:59まで

    応募資格
    キャンペーン期間中に「カメラを止めるな!」本編を視聴された方。

    ※本編視聴にはビデオマーケットの会員登録が必要です。

    初月¥0でお試し


    抽選方法・当選発表
    厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。商品の発送は2019年1月中を予定しております。都合により、商品の発送が遅れる場合もございますので、あらかじめご了承ください。

    注意事項
    • ・キャンペーンの内容及び期間は予告なく変更する場合があります。
    • ・入力内容に誤りがありました場合、商品の発送ができません。あらかじめご了承ください。
    • ・応募はお一人様1回とさせていただきます。当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。
    • ・賞品到着後の紛失、破損などについては対応いたしかねます。
    • ・ご当選された賞品の返品、交換はできません。
    • ・応募者がキャンペーンへ応募した場合、注意事項に同意したものとみなします。

SPECIAL

これを観ればカメ止めが10倍楽しくなる!
上田慎一郎監督スペシャルインタビュー(ダイジェスト版)

COMMENT

ネタバレなし!
映画通のビデオマーケット社員より
アツアツなコメントをお届け!

  • Y・K ( 50代/男性 )

    「今年最大の話題作は、今年の内に!」
    話題が話題を呼んで、どこに行っても“カメ止め”の話ばかりになり、「早く観なきゃ」と焦って劇場に行きました。いや、言っても製作費300万円の映画でしょう! と高を括って観ていたら……。設定、構成、演出の巧みさにどんどん引き込まれて、鑑賞後の満足度はハリウッド映画A級クラス! 興収25億円突破は奇跡だけど、それだけの価値ありです!

  • K・S ( 30代/男性 )

    「観ていない人が羨ましい映画」
    まだ観ていないあなた、本当に羨ましい。これから素晴らしい映画体験が待っているのだから。1回だけ観たあなた、実は2回目の方がもっと楽しめるかもしれません。今現在これほど自信をもってオススメできる映画は、他にありません。この『カメラを止めるな!』を観て、「映画っていいな」と思ってくれる人がいれば幸いです。

  • K・Y ( 20代/女性 )

    「あらすじも予告も見ちゃダメ!」
    何も知らない状態で見るのが絶対におすすめ! 前半の「?」が後半「!」に変わる瞬間を、ぜひ味わってください。見終わったあと誰かに話したくなること必至です。ネタバレになるので詳しくは書けませんが、キャスト・スタッフの映画愛が溢れて止まらない最高のエンタメ作品だと思います! ぜひ“本編”からご覧ください!

  • S・C ( 30代/女性 )

    「くせになるストーリー展開です!」
    こんなに夢中になれる映画が日本から出てきて、すごく嬉しいです! 映画館には3回観に行きました。初めは何も考えずに観て、楽しめると良いな程度だったのですが、素晴らしい裏切りでした。2回目、3回目は人に観てもらいたくて一緒に行きました。話の流れからのエンディングソングがまたくせになります。


劇場で「カメラを止めるな!」を観た観客108人に聞いてみた!

※2018年11月 アンケート調査サービス「Fastask」利用

  • 満足度


    88% 約9割が大満足!

  • もう1回観たい!


    2人に1人 リピーター続出

  • INTRODUCTION

    リピーター続出!口コミ拡大!
    今年度、注目度No1作品!この世で一番面白い"37分ワンカット"は必見!

    監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作。
    脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分に渡るワンカット・ゾンビサバイバルをはじめ、挑戦に満ちた野心作となっている。
    2017年11月に初お披露目となった6日間限定の先行上映では、たちまち口コミが拡がり、レイトショーにも関わらず連日午前中にチケットがソールドアウト。最終日には長蛇の列ができ、オープンから5分で札止めとなる異常事態となった。イベント上映が終わるやいなや公開を望む声が殺到。
    無名の新人監督と俳優達が創った”まだどこにもないエンターテインメント”を是非、ご覧ください!


  • STORY

    とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
    ”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイブムービー!”……を撮ったヤツらの話。


©︎ENBUゼミナール