海を駆ける

2016年『淵に立つ』でカンヌを沸かせ、見事、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した深田晃司。それから2年、深田監督が7年の歳月を費やし、心揺さぶる問題作を完成させた。オリジナル脚本で描かれる最新作の舞台は、2004年の大震災による津波で壊滅的な被害を受け、今もその傷跡が残るインドネシアのバンダ・アチエ。正体不明の謎の男「ラウ」を演じるのは、俳優だけでなく幅広い分野で活躍を続けるディーン・フジオカ。共演には、深田監督作品の常連でもある太賀、鶴田真由、若手女優の阿部純子など、実力派キャストが集結し、観た人すべての心揺さぶる衝撃作が誕生。2018年5月、ジャンルに縛られない、深田晃司監督渾身の問題作が世界に放たれる。

(C)?2018 “The Man from the Sea” FILM PARTNERS

初月¥0キャンペーン中!

今すぐ観る

おすすめ映画ラインナップ!

#おうち時間 に泣ける・笑える

最新ヒット作

本・マンガ原作

名作・傑作

初月¥0キャンペーン中!

今すぐ映画を観る

ビデオマーケットで映画を観る3つのメリット

ご利用料金

初月¥0
  • 毎月もらえる
    視聴ポイント

  • 550pt

映画約1本分が追加料金なしで観られる!

動画視聴ポイントとは?

ポイントが貰えるキャンペーンも不定期で開催!

毎月1日にお支払い・同時に550ポイント付与

例:10日に登録した場合

支払いイメージカレンダー

よくあるご質問

初月¥0キャンペーン中!

今すぐ映画を観る