武則天‐The Empress‐

20話 李淳風の死

「武則天‐The Empress‐」の「20話 李淳風の死」をフル動画で配信中!

  • 45分
  • 字幕

レンタル

高画質 /7日間 /220pt

登録してレンタル

レンタルしてから30日以内に視聴を開始してください。初回再生から7日間視聴可能です。期間をすぎると視聴ができませんのでご注意ください。

画質について

あらすじ

「唐の世は3代で滅び、女帝武氏が取って代わる」という李淳風の予言は、韋貴妃にも漏れ伝わる。韋貴妃はこれ幸いと武媚娘の排除を魏王に持ちかけるが、皇太子を失脚させる計画に用いるほうが有意義だと反対される。そこで韋貴妃は、李淳風を直接懐柔しようとするも失敗に終わる。一方、巷では無数の蟻が文字を成すという奇妙な現象が起きる。その文字は李淳風の予言と同じ内容だった。この出来事はたちまち大臣らの耳にも届く。

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

『武則天‐The Empress‐』の動画一覧

本編

81話 すれ違う心

  • 45分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

賀蘭敏月は武媚娘に献上された蒙頂茶に毒を盛る。それを知った武媚娘は、ついに賀蘭敏月を殺害した。だが真相を知らない李治は、ますます武媚娘を疎むようになった。目をかけていた姪の死に憤る李治は、武媚娘が重用してきた李義府に怒りの矛先を向ける。流罪となった李義府をかばう者は誰もいなかった。皇太子となった李顕は凡庸で、正室である韋氏の言いなりだった。門閥出身の韋氏は父の韋玄貞と共に、武媚娘を排除する企みを巡らす。

82話 そして皇帝へ

  • 45分 字幕 
  • 7日間 220 pt 〜

意識を取り戻した李治は武媚娘を召し2人で散歩に出ることに。李治は国事に興味のなかった自分がなぜ皇帝に就いたのかを武媚娘に語り、自分は出会った頃と変わらず永遠に雉奴であると告げる。そして武媚娘と花火を見ながら静かに息を引き取るのだった。一方、李顕は李治が最期に召したのは皇太子である自分ではなく、武媚娘であることを知る。落胆した李顕は義父である韋玄貞の後押しを受け、偽の遺詔を手に武媚娘の元へ向かうのだが…。