生贄のジレンマ<上>

生贄のジレンマ<上>

「今から1時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法があります。それは生贄を捧げることです――」
卒業を控えた高校生たちに仕掛けられた≪冷酷なゲーム≫それは生贄を捧げなければ全員死亡するという究極のサバイバル・ゲームだった。
監督は、 『DEATH NOTE デスノート』シリーズの金子修介。脚本は、 『L change the WorLd』 の小林弘利。そして 『リアル鬼ごっこ』シリーズの柴田一成がプロデュースという強力タッグが実現!

配信開始日:2020年05月22日

生贄のジレンマ<上>の動画まとめ一覧

『生贄のジレンマ<上>』の作品動画を一覧にまとめてご紹介!

生贄のジレンマ<上>

レンタルする

生贄のジレンマ<上>

330 pt

生贄のジレンマ<上>
視聴期間: 7日間 330 pt
視聴時間:01:24:21

高校の卒業式の朝。教室に集まった篠原(須賀健太)たちは、テレビモニタに映ったウサギの人形<T・EM>から「今から1時間後に皆さんは全員死にます」というメッセージを受け取る。いつの間にか校庭には5メートル四方の穴が掘られていて、誰かを生贄として穴に捧げれば残る生徒は助かるという。篠原に思いを寄せる理香(竹富聖花)や親友の氷山(木ノ本嶺浩)ら生徒全員は、この笑えないジョークに戸惑う。しかし、1時間後…。

生贄のジレンマ<上>の作品情報

作品のあらすじやキャスト・スタッフに関する情報をご紹介!

スタッフ・作品情報

監督

金子修介

原作

土橋真二郎「生贄のジレンマ」(メディアワークス文庫/アスキー・メディアワークス)

脚本

小林弘利

撮影

釘宮慎治

照明

杉本周士

録音

高島良太

美術

高橋俊秋

音楽

MOKU

視覚効果

松本肇

企画

山口敏功

プロデューサー

柴田一成、川端基夫

共同プロデューサー

宇井浩司、柳原祥広

ラインプロデューサー

泉知良

製作

ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

制作プロダクション

Thanks Lab.

製作年

2013年

製作国

 日本

出演キャスト

関連シリーズ作品もチェック

シリーズ一覧はこちら

生贄のジレンマ<下>

生贄のジレンマ<下>

生き残る方法―、それは生贄を捧げることです。 衝撃の問題作、ついに映画化!

生贄のジレンマ<中>

生贄のジレンマ<中>

生き残る方法―、それは生贄を捧げることです。 衝撃の問題作、ついに映画化!

こちらの作品もチェック

生贄のジレンマ<下>

生贄のジレンマ<下>

生き残る方法―、それは生贄を捧げることです。 衝撃の問題作、ついに映画化!

惨劇館 -ブラインド-

惨劇館 -ブラインド-

ホラーコミック界の3人の巨匠が贈る最恐のプロジェクト“古潤茶”第3弾!原作・脚本・監督:御茶漬海苔最も美しく 最も恐ろしい 愛のカタチ 御茶漬海苔版『裏窓』!

生贄のジレンマ<中>

生贄のジレンマ<中>

生き残る方法―、それは生贄を捧げることです。 衝撃の問題作、ついに映画化!

琉球トラウマナイト2016 SLAUGHTER

琉球トラウマナイト2016 SLAUGHTER

全・編・殺・戮!合言葉は み・な・ご・ろ・し!ルール無用のノンストップショッキングホラー再臨!

エスケープ・ルーム

エスケープ・ルーム

全米スマッシュ・ヒット! ハイコンセプト・脱出・スリラー! 謎×密室×タイムリミット=死! ハリウッドが仕掛ける究極の脱出ゲーム・ムービー、ついに日本上陸!

富夫

富夫

ホラーコミック界の3人の巨匠が贈る最恐のプロジェクト“古潤茶”第2弾!原作・脚本・監督:伊藤潤二『富江』から『富夫』へ、伊藤潤二が贈る、もうひとつの狂気の世界―。

クロール -凶暴領域-

クロール -凶暴領域-

「クロール ー凶暴領域ー 」は初めから終わりまで手に汗握るスリラー映画だ。

マー サイコパスの狂気の地下室

マー サイコパスの狂気の地下室

――誰かはしらふでいる、文句を言わない、二階に上がってはダメ。そして、彼女のことを「マー」と呼ぶ。

琉球トラウマナイト2016 PRISON

琉球トラウマナイト2016 PRISON

流・血・三・昧!灼熱の島が出血大サービスでおもてなし!ルール無用のノンストップショッキングホラー再臨!

マーダー・ミー・モンスター

マーダー・ミー・モンスター

何かが、殺しに来る。

AI崩壊

AI崩壊

その日、AIが命の選別を始めた。

ラ・ヨローナ ~泣く女~

ラ・ヨローナ ~泣く女~

「死霊館」シリーズのジェームズ・ワンが贈る体験型サバイバル・ホラー 生き延びたければ、水に近づいてはいけない。

(C) 2013土橋真二郎、アスキー・メディアワークス/ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント