花の都に虎われて~The Romance of Tiger and Rose~

第28回(最終回)

「花の都に虎われて~The Romance of Tiger and Rose~」の「第28回(最終回)」をフル動画で配信中!

  • 44分
  • 字幕

レンタル

高画質 /7日間 /275pt

登録してレンタル

レンタルしてから30日以内に視聴を開始してください。初回再生から7日間視聴可能です。期間をすぎると視聴ができませんのでご注意ください。

画質について

あらすじ

楚楚に刺され、重傷を負った韓爍。ゲンゲンが彼の容態を確認すると、肺が傷つき、もう長くはもたないという。センセンは嘆き悲しむが、韓爍は苦しみに耐えながらも彼女を優しく慰める。一方、センセンは捕らえられた楚楚に、明主の継承式で瑞祥(ずいしょう)が現れるという伝説を話し、実際に試してみようと提案。そこに城主が現れ、ゲンゲン、楚楚、センセン3人全員が花(か)路を歩き、瑞祥が現れた者に城主の座を譲ると宣言する。そして、ついに継承式が始まるが…。

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

『花の都に虎われて~The Romance of Tiger and Rose~』の動画一覧

まとめ買い

第2回~第28回(最終回)

全話第2回~第28回(最終回)

  • 字幕 
  • 30日間 5,197 pt 〜

    30%OFF

 /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  /  / 

本編

第1回再生
第1回
  • 40分 字幕 
  • 無料

若手脚本家チェン・シアオチエンのドラマが間もなくクランクインというとき、主演俳優ハンから脚本にクレームがついた。脚本の甘さを指摘されたうえ、“恋愛経験不足”とまで言われたシアオチエンは憤慨。昼夜を徹して、なんとか原稿を書き上げたシアオチエンだったが、意識が次第に遠のいていき…。目を覚ますと、なんとそこは自分が書いた脚本の世界の花垣(かえん)城! しかも第3話で死ぬ予定の脇役悪女キャラ・陳センセン(ちんせんせん)になっていて…!?
第2回

第2回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

シアオチエンの脚本通り、センセンが飲む酒の杯に毒を入れた韓爍(かんしゃく)だったが、彼女が毒酒を飲まず計画は失敗。一夜明け、センセンのまま目覚めたシアオチエンは、脚本が結末を迎えるまで現実には戻れないかもしれないと考える。二郡主の陳楚楚(ちんそそ)が城主となって結末を迎えるためには韓爍の力が必要だ。しかし彼は、センセンを毒殺しようとした罪で、すでに死罪が確定。現実に戻るため、母である花垣城主に赦免を訴えるセンセンだが、城主は決して許そうとせず…。
第3回

第3回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

教坊司(きょうぼうし)にて、蘇沐(そぼく)と韓爍の才芸対決が始まった。琴の美しい音色で見物客を唸らせる蘇沐。対する韓爍も素晴らしい剣さばきで場を沸かせるが、剣の矛先はそのままセンセンへと向けられた。彼女の命が危機に瀕したそのとき、韓爍の行く手を阻んだのは駆けつけた楚楚。彼女のおかげで命拾いしたセンセンだったが、2人が剣を交えることになってしまい、期待とは裏腹の結果になってしまう。さらに、そこにセンセンの元許婚である裴恒(はいこう)も登場し…。
第4回

第4回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

若城主選抜の勉強のため、裴恒が司学を務める宗学堂(しゅうがくどう)に集められたセンセンたち。そこで林七(りんしつ)との賭けによって詩を詠うことになったセンセンは、食べ物で韻を踏んだ詩を詠み、裴恒から合格を告げられる。賭けに負けて苛立つ林七は教坊司へ戻ると、センセンから褒美を受け取っていた蘇沐を鞭で痛めつけた。さらに、センセンが武術の腕を失ったと感づいた林七は、皆が揃う前で城主にある提案をするが…。一方、韓爍はセンセンに毒を盛るべきか悩んでいた。
第5回

第5回

  • 39分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

楚楚が城主の実の娘ではないとの報告を密偵から受けた白キュウ(はくきゅう)は、次期城主であるセンセンに毒を盛って龍骨(りゅうこつ)を奪い、花垣城を攻め落とそうと進言するが、徐々にセンセンへの情がわき始めている韓爍は気が進まない。その夜、センセンと裴恒の会話を物陰から聞いた韓爍は、自分に対しての彼女の思いやりを知る。翌日、韓爍への贈り物を買うために梓鋭(しえい)とともに街へと繰り出したセンセン。しかし、彼女が来た瞬間に街の店主たちは皆姿を隠して…。
第6回

第6回

  • 41分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

センセンは命の恩人となることで韓爍の殺意を消そうと考え、韓爍の病を治すため花垣城の宝である龍骨を無断で持ち出す。強烈な臭気に襲われながらも龍骨を煮込み、百病を癒やせる薬を完成させたセンセン。その夜、韓爍に龍骨を手に入れたと話すが、信じてもらえない。一方、センセンが龍骨を強奪したという知らせを聞いた城主は激怒し、月璃(げつり)府へと乗り込む。そんな中、密偵を捕らえるべく準備を進めていた楚楚は、花火を合図に攻め込もうとするが…。
第7回

第7回

  • 40分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

龍骨を失うという不祥事のけじめをつけるため、城主は韓爍を拘束し、失われた龍骨の代わりに肋骨を抜き取ると宣言する。必死に許しを乞うセンセンだが、普段は甘い城主も聞き入れようとはしない。城主から三郡主としての責任を問われたセンセンは、郡主の位を捨てることを決意。こうしてセンセンは、庶民に落ちてしまう。そんな彼女のもとに街の商人たちを引き連れた林七が訪れ、これまで付けにしていた分をすべて支払うよう要求するが…。
第8回

第8回

  • 43分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

郡主の位を廃されても資産を持つ韓爍との生活には何の不自由もないが、センセンに対する民の風当たりは強かった。そんな折、林家の鉱山が落雷で崩れ、鉱員が坑道内に閉じ込められる事態が発生した。民はこの天災を、龍骨を失ったことに対する天罰と考え、センセンの命を捧げて天の怒りを鎮めるよう城主に請願書を差し出し、大臣らもこれに賛同する。センセンは楚楚が若城主となるにふさわしい手柄を立てる絶好の機会と考え、民を救うよう訴えるが…。
第9回

第9回

  • 39分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

鉱山で鉱員を救出して民の信頼を獲得し、黒水の鉱脈まで見つけた功績で、センセンは郡主の位が回復。城主はセンセンの変化に期待をかけ、若城主選抜に向けて裴恒にセンセンの学問の監督を命じる。街は若城主選びの話題で持ちきりになり、茶館では誰が選ばれるかの賭けまで始まった。屋敷を抜け出して街に出たセンセンは素性を隠し、あるだけの財産を楚楚に賭ける。一方、韓爍はやる気のないセンセンを若城主にするべく、屋敷を挙げて試験対策をとることにする。
第10回

第10回

  • 41分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

センセンの話を聞いたことで自信をなくし、若城主選抜試験を棄権しようとする陳ゲンゲン(ちんげんげん)。それを知ったセンセンは、ゲンゲンが諦めないよう脚の回復術をまとめた書物を渡すが、受け取ってはもらえなかった。その夜センセンは、今まで何も考えずに人の運命を左右していたと反省するが、韓爍はそんな彼女に、センセンと出会ったことで病も治り自分の運命は変わったと励ます。センセンは再びゲンゲンのもとを訪れ、自分が武術試験で勝利したら回復術を試してほしいと伝えるが…。
第11回

第11回

  • 38分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

容赦ない林七の鞭を受け、ついに壇上に倒れてしまうセンセン。彼女の身を案じる裴恒は両親か夫しか鳴らすことを許されない棄権の銅鑼を鳴らすが、試合は続行される。最後の力を振り絞ったセンセンは見事林七に勝利、武術試験の首位を獲得する。そして、ついに若城主選抜試験の結果発表。策論と筆記では楚楚が首位を獲得したと思っているセンセンは、自分の財産を楚楚に賭け、祝いの品まで用意していた。しかし、なぜか若城主に選ばれたのはセンセンで…!?
第12回

第12回

  • 43分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

お披露目道中の真っ只中、口論になったセンセンと韓爍。韓爍は馬車から降り、歩いて屋敷に戻ろうとするが、脚にセンセンの衣が引っかかっていることに気づかない。彼が歩くほど衣が破れていき、公衆の面前で大恥をかいてしまったセンセンは怒り心頭。屋敷に戻ってもまだ怒りが収まらず、梓鋭が用意した甘蕉(バナナ)を床に投げ捨てる。しかし、その皮で足を滑らせてしまったセンセンは、体を支えようとした韓爍とともに転び、勢い余って口づけをしてしまう。
第13回

第13回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

若城主として山賊の討伐に向かったセンセン。韓爍に命を狙われる心配がなくなった今、現実に戻るため、この機に何としても韓爍と楚楚を結びつけようと策を巡らすがうまくいかない。裴恒がセンセンに付き添わせた蘇子嬰(そしえい)は、一見、忠義者に見えるが勘違いや非常識な行動を繰り返し、そのたびに計画が狂う。蘇子嬰が掘った落とし穴に楚楚が落ち、楚楚を捜しに行った韓爍が一晩戻らなかった朝、守りが手薄な客桟(きゃくさん)は孟過(もうか)らに攻め込まれてしまう。
第14回

第14回

  • 41分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

センセンと一緒にいたい韓爍はどうにか自分と行動するよう話を誘導するが、韓爍と楚楚を結びつけたいセンセンは1人客桟に残ることに。その後、韓爍らが出払っている間に孟過たち山賊が再び客桟に侵入。韓爍や楚楚が戻った頃には、センセンはすでに拉致されてしまっていた。連れ去られたセンセンは「儀式」という言葉を聞いて孟過との婚儀のことだと思い抵抗する。しかし孟過から、威猛(いもう)山の頭領になってほしいと頼まれて…!?
第15回

第15回

  • 40分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

蘇子嬰(そしえい)が陳センセン(ちんせんせん)に悪意を持っていることは明らかだが、センセンも韓爍(かんしゃく)もひとまず彼を泳がせることにした。蘇子嬰の目的が陳楚楚(ちんそそ)を若城主にすることならセンセンにとっては好都合であり、韓爍は蘇子嬰の罪状を明らかにして裴恒(はいこう)の前に突き出そうと考えたためだ。韓爍に対する自分の気持ちに気づき始めたセンセンだが、2人は住む世界が違う。楚楚に「韓爍が要らないなら私がもらう」と宣言されたセンセンは、2人の仲に協力すると引き受けてしまう。
第16回

第16回

  • 41分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

真夜中の月璃(げつり)府、警護の梓鋭(しえい)が寝たふりをしていると蘇子嬰が部屋に忍び込み、センセンが私物を入れている箱に花垣(かえん)城の防衛図を隠した。軍の関係者でない者が防衛図を私的に隠し持てば謀反の意図があると見られるのは必至だ。自分を若城主の座から引きずり下ろすための計略と見抜いたセンセンは若城主の座を楚楚に譲るため、あえて防衛図を箱の中に戻させる。密告を受けた楚楚は兵を連れて月璃府に乗り込んでいき、蘇子嬰の証言を基に箱を開くが…。
第17回

第17回

  • 41分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

酒に酔った楚楚を屋敷まで送って行った韓爍。楚楚は韓爍へ想いを伝えるが全く相手にされず、彼に愛されているセンセンに憎しみの念を抱く。一方、韓爍不在の中、センセンは宴の席で玄虎(げんこ)城の使者たちの相手をする。韓爍の存在が花垣と玄虎両城の関係において不安材料になると考えた花垣城主は、韓爍とセンセンを別れさせようと決意し、離縁を命じた。白キュウ(はくきゅう)は韓爍に、花垣城を手に入れればセンセンも手に入ると花垣城攻略を促すが、韓爍は思い切れずにいて…。
第18回

第18回

  • 40分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

センセンとの離縁を撤回するため、花垣城に帰属する意味を持つ銅環を痛みと屈辱に耐えながら装着した韓爍。しかし、そのことを知らないセンセンは、彼の想いを拒んでしまう。七夕の日、陳ゲンゲン(ちんげんげん)と蘇沐(そぼく)を結びつけようと躍起になるセンセンだったが、身分の差を気にした蘇沐はその場から姿を消す。そんな中、韓爍が銅環をはめたことを偶然知ったセンセンは、自分と城主から屈辱を受けた韓爍が爆薬を使って花垣城を滅ぼそうとしていると考えるが…。
第19回

第19回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

センセンはようやく韓爍と心を通わせた。夜の間の別れさえ名残惜しい2人は、梓鋭と白キュウの目を盗んで、センセンの部屋で初めての夜を迎える。翌日、韓爍がセンセンの部屋で一夜を過ごしたことが、すでに宗学堂(しゅうがくどう)の噂になっていた。楚楚は嫉妬の炎を燃やし、傷ついた裴恒は司学(しがく)の職を辞してしまう。一方、ゲンゲンのことで思い悩む蘇沐は、彼女のことを忘れるため教坊司(きょうぼうし)に戻る。そんな中、城主府に出向いた陸鵬(りくほう)は偶然、城主と楚楚の会話を立ち聞きしてしまい…。
第20回

第20回

  • 39分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

教坊司にて陸鵬殺害の凶器が発見されたことで、林七(りんしつ)が犯人として捕らえられた。林七の口封じをしたい楚楚は、彼女を死罪にすべきだとセンセンに意見するが、林七が死んでは脚本通りの運命になってしまう。センセンは、韓爍が死ぬ運命を避けるために林七を生かそうとするが…。一方、ゲンゲンは蘇沐に会うために教坊司を訪れた。本当の気持ちとは裏腹にゲンゲンと距離を置こうとする蘇沐は、彼女に冷たい態度をとって追い返してしまう。

PV