マウス~ある殺人者の系譜~

登録して視聴ポイントと
おトクなクーポンをゲット!

今すぐ無料トライアル

マウス~ある殺人者の系譜~

“国民的俳優”イ・スンギ&『KCIA 南山の部長たち』イ・ヒジュン 韓国2大トップ俳優、豪華W主演! 19禁! 史上最凶のサイコパス殺人鬼が引き起こす連続殺人事件! この殺戮を止め…

『マウス~ある殺人者の系譜~』の動画一覧

まとめ買い

本編

再生
第1回
  • 50分 字幕 
  • 無料

韓国全土を恐怖のどん底に突き落とした「ヘッドハンター殺人事件」。すでに20人近くの被害者が犯人に頭を持ち去られているのに、警察の捜査は進まない。キャンプ場で再び殺人事件が発生する。両親を殺害され兄は重傷、1人無事だった少年コ・ムチ。警察の事情聴取を受けるがショックで口がきけない。その時、ムチが壁のポスターを見て叫ぶ。「この男だ!」

第2回

  • 36分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

ヘッドハンターとして逮捕された脳神経外科医ハン・ソジュンが裁判で死刑を宣告される。友人の遺伝学博士ダニエル・リーの紹介で、妻ソン・ジウンのお腹の子供にサイコパス遺伝子の検査が行われる。結果は99%の確率でサイコパス。ジウンは「子供を堕して」と叫ぶ。その時、同じ検査を受けたもう1人の女性がいた。彼女の子供もサイコパスだというが……。

第3回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

25年後、死刑判決を受けたソジュンは、刑が執行されないまま拘置所にいた。そこに刑事となったムチが面会に来る。「お前の息子にも同じ苦痛を味合わせてやる」と告げるムチ。一方、正義感にあふれ誰からも好かれる巡査チョン・バルムは、拘置所に慰問に来ていた。ステージでマジックを披露するバルム。受刑者の1人を箱に入れ、再び扉を開くと……。

第4回

  • 43分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

マジックの箱から血まみれの姿で現れたバルムの友人の刑務官ナ・チグク。搬送された病院で手術を受け命は助かるが、意識が戻らない。バルムはその病院で、自殺未遂の患者に冷たい対応をする青年医師ソン・ヨハンと出会う。一方、雨の中を家に急ぐ女子高生オ・ボンイは過去の記憶がフラッシュバックしパニックに。通りがかったバルムが駆け付けるが…。

第5回

  • 46分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

ジウンの家を訪ねたダニエルだが、彼女から「あなたは間違っていた」と言われてしまう。彼はジウンの息子ヨハンに会いたいと考え、彼に連絡する。やがて、夜の遊園地で密かにヨハンと待ち合わせていたダニエルが何者かに襲われる。翌朝、ボートから遺体らしきものを水中に落とす男がいたが…。一方、ソウルでは立て続けに4件の殺人事件が発生する。

第6回

  • 37分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

観覧車から大量の血痕が発見され、DNA検査の結果、ダニエルのものだと分かる。彼が最後に通話した人物がヨハンだと突き止めるムチ。ボンイは、自分に関する悪いうわさを流した同級生を殴ってしまう。和解金を払わなければボンイは退学だ。金を稼ぐためにボンイの祖母が家政婦として働きに行ったのはヨハンの家だった。そこで彼女が目にしたのは……。

第7回

  • 36分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

遺体で発見されたボンイの祖母は、燃やされた写真を手にしていた。犯人らしき男を追いかけて負傷したバルムは、犯人は左利きだと証言する。連続殺人事件の犯人も左利きだったことを思い出すムチ。面会謝絶の札が下がった病室で眠るバルムに、白衣を着たヨハンが近づく。バルムに薬剤らしきものを投与しようとした瞬間、ボンイが病室に飛び込んでくる。

第8回

  • 38分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

テレビの取材中に少年が誘拐される事件が発生。テレビで連続殺人事件についてブリーフィングを行ったムチの携帯に、犯人と思われる男から電話がかかる。「子供の命を助けたければ、俺が被害者を選んだ理由をテレビ番組で答えろ」。ムチは被害者の共通点を探すためバルムを訪れる。プロデューサーのチェ・ホンジュが企画する番組に出演したムチは……。

第9回

  • 35分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

生放送のカメラの前に立つムチ。バルムの提案で、監禁された少年を撮影したというフェイク映像を作成、犯人を挑発しようとするムチだが、他局の番組で捏造が指摘される。視聴者の非難を浴び謝罪する破目に陥るムチ。番組の終了時間が近づいた時、ムチは犯人の出した問題の答えを明らかにする。それはキリスト教の「七つの大罪」に関わるものだった。

第10回

  • 28分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

モニターにムチの兄コ・ムウォンの顔が映し出される。両親を殺された後、神父となったムウォンは犯人を許すと言い、ムチとは絶縁していた。犯人は七つの大罪の1つ、「憤怒」を持ち出し、憤怒すべき殺人者を許したムウォンは殺すに値すると言い放つ。狙いは最初からムウォンだった。首にナイフを突きつけられた兄を前に、ムチは殺さないでくれと哀願し…。

第11回

  • 40分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

教会に駆け付けたボンイは無惨に殺されたムウォンの死体を発見するが、犯人らしき男に襲われてしまう。男は逃げ、ボンイは病院に運ばれる。兄の死にショックを受け、家に閉じこもるムチ。そんな彼にバルムは生前、ムウォンが作った手料理を届けるのだった。やがて無理やり立ち直ったムチは家政婦紹介所の通話履歴を調べ、ジウンの家に向かうが…。

第12回

  • 41分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

ヨハンがソジュンとジウンの息子であることに気づいたムチは、令状なしにヨハンの家を家宅捜索するが、そのとき、ホンジュがヨハンと抱き合う姿を目撃してしまう。一方、バルムは安全のためボンイを自分の家に連れていく。彼はボンイの祖母のDNAがヨハンの家から発見されたと聞き、家の地下室に忍び込むが、彼の不在中にヨハンがバルムの家に…。

第13回

  • 42分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

病院に搬送されたバルムとヨハン。バルムは緊急手術を受け命は助かるが記憶を失う。ヨハンは息を引き取り、事件は容疑者死亡で解決した。1年後、回復したバルムは派出所の巡警として復職、ムチは証拠保管チームに配属される。ソジュンに娘を殺されたチーム長のパク・ドゥソクと2人だけの部署。一方、幼いボンイを暴行した犯人カン・ドクスが出所する

第14回

  • 35分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

河川敷で死体を発見したバルム。刑事たちは強盗殺人だと言うが、バルムは強盗を偽装した事件だと主張する。ムチはバルムの復職を知り、彼の勤務する派出所を訪れる。バルムはムチの顔を見て、彼に関する記憶を取り戻す。再会を喜ぶ2人。しかし、犯人は殺人を楽しむサイコパスだと熱心に語るバルムを見て、「お前は変わったな」とムチは言う。

第15回

  • 36分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

被害者の手首を縛ったロープの結び目と、26年前、ソジュンに殺されたドゥソクの娘を縛ったロープの結び目の一致は何を意味するのか。ホンジュもまたロープの結び目に疑問を抱き事件を調査していた。ムチと共に、バルムは本格的に事件の捜査に加わる。インタビューを見たバルムは弁護士ウ・ヒョンチョルが犯人だと推理するが、彼にはアリバイがあった。

第16回

  • 34分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

逮捕されたのはヒョンチョルの父ウ・ジェピル。ムチの上司だったドゥソクの娘を殺したのも自分だと自白する。それを知ったドゥソクの妻は入院中のジェピルのもとへ急ぐ。一方、ようやくボンイを捜し当てたバルム。彼女から頼まれ証拠品の中から祖母のブローチを探していたとき、急な幻覚に襲われる。彼は自分の手術を執刀した医者を知ろうとして…。

第17回

  • 32分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

ソジュンの写真を見たボンイは、彼がバルムの手術を執刀した医者だと言う。バルムは署で26年前の事件の資料を探る。連続殺人犯ヨハンの脳を移植されたことを知り、ショックを受けたバルムは、ソジュンから過去の出来事について聞き出す。自分の手術の裏で得体の知れない動きがあることに戸惑うバルム。一方、ムチがジェピル殺害の容疑で逮捕される。

第18回

  • 35分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

ソジュンにバルムの手術を依頼したのは、大統領秘書室長チェ・ヨンシンだった。全国民の期待に応えるためとバルムに答えるヨンシン。一方、ムチがジェピルを殺すはずがないと確信するバルムは、真犯人を突き止める。釈放されたムチは、刑務所に入りソジュンを殺すという目的が果たせず酒をあおる。そしてホンジュに、なぜヨハンに惹かれたのか尋ねるが…。

第19回

  • 46分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

移植されたヨハンの脳が自分を支配するのではと怯えるバルム。ソジュンはそんな彼に、マウスでの移植実験で同じ現象が起こったと語る。やがて容疑者ジェピルの死亡で捜査は終了。納得いかないムチとバルムは息子ヒョンチョルのアリバイ崩しに成功、緊急逮捕する。しかし証拠不十分でヒョンチョルは釈放される。そんな中、倉庫で女性の遺体が発見され…

第20回

  • 38分 字幕 
  • 7日間 275 pt 〜

殺人現場にはヨハンの連続殺人事件と同様に血で書かれた十字架があった。ひょっとしてヨハンは犯人ではなく別に真犯人が? 幻覚に悩まされ、人格が豹変する恐怖に怯えるバルムは、ヨハンがサイコパスではないことに希望を抱く。一方、ヒョンチョルの捜査を続けるムチは、ヒョンチョルの母の墓の近くの地面から、凶器らしき刃物と遺体を掘り起こす。